スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分子量851の巨大分子、経口吸収性は良好

Emmitte KA, Wilson BJ, Baum EW, et al. Discovery and optimization of imidazo[1,2-a]pyridine inhibitors of insulin-like growth factor-1 receptor (IGF-1R). Bioorganic & medicinal chemistry letters. 2009;19(3):1004–8.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19101143



GSK社のIGF阻害薬イミダゾピリジンの最適化の報告。驚くべきは分子量851の巨大分子でもラット、マウス、サル、イヌで良好な経口吸収性がある点。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。