スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メドケム用ウェブ・アラート

Cavalla D. Chapter13.pdf. Elseveier; 2008:255–272.

Available at: http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B8KS4-4SW8G41-C&_rdoc=8&_hierId=35951000003&_refWorkId=4455&_explode=35951000003&_fmt=high&_orig=na&_docanchor=&_idxType=TC&view=c&_ct=8&_acct=C000012498&_version=1&_urlVersion=0&_userid=2645672&md5=ece1ee6e288533cc488693ba89141234.


現在の創薬は情報戦争と言っても過言でなく、如何に他社の特許情報や開発状況を正確にキャッチアップしてインハウスのプロジェクトにフィードバックできるかが命運を分ける場合がある。この点において、the practice of medicinal chemistryの13章では、ウェブ・アラートの情報源をまとめてくれている。本章の冒頭でウィキペディアの創設者ジミー・ウェールズの言葉が取り上げられているのが象徴的であるが、最近は情報といえばオンラインで検索をかければ膨大な量がヒットし、その中から如何にして必要な情報だけを効率よくとってくるかが重要になる。本章の内容は第2版以降からも大きく変わっており、最新の情報をアップ・トゥ・デートに完全にフォローする事は不可能で、さらに溢れかえる情報源から質の高い内容をスクリーニングするのは途方もない苦労を要する。ここに紹介されているものは有効活用しうる。たとえば「ケミカル・ブログ・スペース」は、ケミストリーに関わるブログから情報を集めたハイパーブログとして、使い勝手が良さそう。

http://cb.openmolecules.net/

キナーゼ阻害薬の開発化合物を、文献もしくは特許情報から、かなり早い段階でフォローしている点での以下の「キナーゼ・プロ」は優れている。

http://kinasepro.wordpress.com/


メガファーマで統合失調症やアルツハイマー、糖尿病、骨粗鬆症のプロジェクトの経験を持つデレック・ロウのブログ「メディシナルケミストリー:イン・ザ・パイプライン」。

http://pipeline.corante.com/

以下は、ケミストリーに関連する情報の検索の仕方を紹介したサイト。

http://cheminfo.informatics.indiana.edu/cicc/cis/index.php/Main_Page


RSSフィードを利用すれば、サイトの更新情報をメールで受け取る事が可能。そのリーダーとして以下のサイト。

http://www.feeddemon.com/

複数のデータベースから1400万化合物の情報を集積したケム・スパイダー。検索サイトを使えば、登録された化合物の物性や特徴、予測値が表示される。ケム・スパイダー・ジャーナルでは実験項を吸い上げて公開している。ブログやフォーラムも開かれている。

http://www.chemspider.com/


同様に化合物名称による検索サイトの「パブケム」。元文献のソースに行き着ける点がメリット。

http://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/


グーグル・スカラーは学術雑誌や書籍に絞って検索をする事が可能。グーグルなどの一般的検索サイトに比べて最初から不必要なデータを取り除ける点で便利。

http://scholar.google.com/intl/ja/


反応検索サイトのウェブリアクション。

http://www.webreactions.net/


今やOSが無料で検索、閲覧できる。

http://www.orgsyn.org/


人名反応。最近の論文報告の例もある。

http://orgchem.chem.uconn.edu/namereact/named.html


CYP相互作用にフォーカスしたサイトとして。

http://medicine.iupui.edu/clinpharm/DDIs/

他、蛋白とリガンド結合予測のFlexX、AuoDock, GRID。FDA承認された化合物データベースDrugBank。物理定数予測、試薬会社サイト、メドケム文献ソース、特許情報サイト、毒性など。

重要な事はこれらの中から質の高い必要な情報を収集する事。フリー・アクセスのサイトだけでは限界があるので、必要に応じて有料ソースも利用した方が良いかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。