スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイスループット脳内蛋白結合率測定と脂溶性との相関

Wan H, Rehngren M, Giordanetto F, Bergström F, Tunek A. High-throughput screening of drug-brain tissue binding and in silico prediction for assessment of central nervous system drug delivery. Journal of medicinal chemistry. 2007;50(19):4606–15.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17725338


中枢薬が効果的に薬効を発揮するには、中枢移行性のみならず脳内での蛋白結合率が重要な要素と考えらている。脳内での蛋白結合率を限外濾過で測定するのはスループットが極めて低い。アストラゼネカの研究者は、スループット向上の為に、LC-MSを組み合わせて、複数の化合物をまとめて測定する手法を見出した。ここで報告している手法は、単品でのアッセイ結果とよく相関している(Fig. 2)。脳内と血漿中の蛋白結合率にも相関が認められる事から、主に非特異的結合が関与していると推定できる(Fig. 5)。中枢での蛋白結合率は、脂溶性と高い相関があり、
clogP < 3の化合物であれば、非結合型化合物が1%以上の可能性が86%、clogP > 4の化合物であれば、非結合型化合物が1%以下のリスクが88.6%と推定していて、中枢薬のデザインをする上で目安にできる(Fig. 6)。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。