スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キノム・ワイド・スクリーニング

Posy SL, Hermsmeier MA, Vaccaro W, et al. Trends in Kinase Selectivity: Insights for Target Class-Focused Library Screening. Journal of medicinal chemistry. 2010.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21128601.

キノムワイドスクリーニング、すなわちBMSの多様性ある2万化合物以上の各種キナーゼ活性を評価して、その特徴を浮き彫りにした。選択性と活性は逆相関、物性と選択性に関連性ないが、特徴的な構造が活性に預かっている事が示唆された。ケモゲノミクス的アプローチをキナーゼにフォーカスし、体系的に調査した点で価値の高い報告である。

ボストンでのACSの発表も参考に。

http://www.softconference.com/acschem/sessionDetail.asp?SID=225302
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。