スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3の作用様式、SAM

Schann S, Mayer S, Franchet C, et al. Chemical Switch of a Metabotropic Glutamate Receptor 2 Silent Allosteric Modulator into Dual Metabotropic Glutamate Receptor 2/3 Negative/Positive Allosteric Modulators. Journal of Medicinal Chemistry. 2010:101124132500031.
Available at: http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jm101069m

ここでのmGluR2/3のリガンドは、置換基一つで作用様式のPAM(ポジティブ・アロステリック・モジュレーター)とNAM(ネガティブ・アロステリック・モジュレーター)がスイッチする。さらに、結合はするがファンクションでは活性がない、近い誘導体には活性がある、といったプロファイルを示す化合物をSAM(サイレント・アロステリック・モジュレーター)と定義している。ただ単に結合している、そんなSAMに何の役割があるのかは不明だが、第3の作用様式として存在する事は知っていても良さそうである。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。