スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構造活性相関の”見える化”

Wawer M, Bajorath J. Local Structural Changes, Global Data Views: Graphical Substructure-Activity Relationship Trailing. Journal of medicinal chemistry. 2011.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21443196

大規模かつ多様な化合物のデータセットからSARを系統的に抽出できる情報は、計算解析方法に依存する。しかし、計算方法に関係なく、大規模SAR解析の究極の目標は、最も有益な化合物を特定し、SARに反映する置換基変換を説明できる事である。このような情報は、さらなる最適化の礎となる。ここで報告するのは、部分的なSARを元にして、大規模化合物のデータセットを全体として構造カする初の視覚的SAR解析法を紹介する。よって、重要な構造修飾とSARの決定要素を即時にアクセスする事が可能となる。この手法は、全体の分子の類似度計算には影響を受けない。ここで利用しているBMMSグラフ表示は、詳細なSAR情報を捕らえられるように、特徴的なサブグラフのパターンで表示し、重要な構造修飾を浮き彫りにする事ができる。鍵となる接点を階層化した相関グラフは、BMMSグラフから得られるSAR情報を際立たせる事が可能である。明快なSARパターンを表示できるサブグラフがこのデータ構造の重要な性質である。実用的には、BMMSグラフと化合物データの鍵となる階層によってSARパターンを検索できる。そのパターンは、SAR情報の解釈を助け、構造変換を容易にできるようにする。たとえば、FXaでの解析が示される。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。