スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPCRか酵素か?

Borshell N, Congreve M. Deal watch: Valuation benefits of structure-enabled drug discovery. Nature reviews. Drug discovery. 2011;10(3):166.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21358725

結晶のとれるSBDDの功績を知る為に、ターゲットクラスとしてGPCRと結晶のとれるターゲットのそれぞれで、どのステージに進んでいるか、中止しているかをトムソンファーマデータベースを利用して調査した。結果として、圧倒的に結晶のとれないGPCRの方が中止している比率が高く、SBDDが創薬に貢献している事がわかる、としている。が、実際のところ、結晶がとれるかとれないかよりも、むしろターゲットクラスのドラッガビリティの問題が、GPCRの研究を困難にしているとも考えられる。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。