スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

βアレスチン・バイアス・アッセイ:副作用解決への指標

Allen J a, Yost JM, Setola V, et al. Discovery of -Arrestin-Biased Dopamine D2 Ligands for Probing Signal Transduction Pathways Essential for Antipsychotic Efficacy. Proceedings of the National Academy of Sciences. 2011:2-7.
Available at: http://www.pnas.org/cgi/doi/10.1073/pnas.1104807108


アリピプラゾールのマイナーチェンジ(側鎖の変換)であるが、βアレスチンをのシグナルを追跡する事で、副作用を回避しうる化合物を見出した。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。