スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレリン作動薬:GPCRモデル

Pedretti A, Vistoli G. Modeling of human ghrelin receptor (hGHS-R1a) in its close state and validation by molecular docking. Bioorganic & medicinal chemistry. 2007;15(8):3054-64.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17329109

グレリン受容体作動薬MK-0677とその周辺化合物、ベンゾラクタム系化合物、そしてペプチド4残基のアゴニストと受容体のドッキングモデルを考察。GPCRのホモロジーモデルの精度が低いと言われる一方で、GPCRにはプリビレッジド構造のように相互作用するのに有利な共有構造が存在する。ときとして、こういった受容体側の考察から新たなアイデアが出る事があるのも事実である。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。