スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPCRアロステリック調節薬

Melancon BJ, Hopkins CR, Wood MR, et al. Allosteric Modulation of Seven Transmembrane Spanning Receptors: Theory, Practice, and Opportunities for Central Nervous System Drug Discovery. Journal of medicinal chemistry. 2012;
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22148748


バンダービルド大学からGPCRのアロステリック・モジュレーターレビュー。
特に7TMのGPCRでのリガンド結合部位に関しては、
クラスA、オルソステリック:膜内
クラスA、アロステリック:膜表面
クラスB、オルソステリック:膜表面
クラスB、アロステリック:膜内
クラスC、オルソステリック:N末部分
クラスC、アロステリック:膜内
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。