スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かご状分子中枢薬レビュー

Joubert J, Geldenhuys WJ, Schyf CJ Van der, et al. Polycyclic Cage Structures as Lipophilic Scaffolds for Neuroactive Drugs. ChemMedChem. 2012;4001:1-11.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22307951


アダマンタンやペンタシクロウンデカン骨格といったポリサイクリックケージ状構造を含む中枢薬をレビュー。
Lタイプ・イオンチャネル、NMDA、モノアミンオキシダーゼB、ドーパミントランスポーター、シグマ受容体、NOSといったターゲットで利用されている部分構造であり、脂溶性を高めて中枢移行性を高める効果があるのが特徴である。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。