スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結合サイトの検出、ドラッガビリティの判定

Seco J, Luque FJ, Barril X. Binding site detection and druggability index from first principles. Journal of medicinal chemistry. 2009;52(8):2363-71.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19296650

タンパクの結合サイトの検出とドラッガビリティの判定を実験的に行う。その手法は、脂溶性部位と極性基を持つイソプロパノールをポケットを埋める分子として利用し、X線、NMRを用いて解析し、溶液中ではイソプロパノールの溶媒濃度を振って結合サイトを探索する。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。