スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム・バイオロジーで毒性パスウェイ解析

Scheiber J, Chen B, Milik M, et al. Gaining insight into off-target mediated effects of drug candidates with a comprehensive systems chemical biology analysis. Journal of chemical information and modeling. 2009;49(2):308-17.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19434832

オフターゲットに関連する毒性に対する理解を深める為に、システムバイオロジーのデータベースを利用してケモゲノミクス的にターゲット予測から得られたデータを活用するワークフローを設定した。共通の毒性のフェノタイプを示す化合物セットを解析し、毒性に影響しないパスウェイを比較する事で、毒性の要因となるパスウェイを導き出した。具体的事例として、横紋筋融解症や低血圧を副作用の事例としてとりあげる。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。