スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SBDDで見出した新規化合物にヘテロ原子導入で代謝安定性改善

Kamata M, Yamashita T, Kina A, et al. Design, Synthesis, and Structure-activity Relationships of Novel Spiro-piperidines as Acetyl-CoA Carboxylase Inhibitors. Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters. 2012.
Available at: http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0960894X12004970


ACC阻害薬で下記内容からの続報で、

http://medicinalchemistry.blog120.fc2.com/blog-entry-562.html


リード化合物1から出発してヒトでの代謝安定性を改善する為に、ヘテロ原子をヘッド部分とテイル部分に入れていき、化合物8cで代謝安定性を改善させ、ラットで良好なPKを確認した。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。