スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避けては通れない事:メドケムの復活

Lowe DB. Nowhere To Go But Up: The Return of Medicinal Chemistry. ACS Medicinal Chemistry Letters. 2012;3(1):3-4.
Available at: http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ml200297a

創薬化学は、新しいとはいえ不愉快な立場になりつつある。どうしてこうなったのか?何が時代遅れなのか?

製薬企業の大混乱の後、改めて創薬化学の立ち位置を問いなおすのは価値のあることかもしれない。しかし、この質問は一見奇異に思える。多くの創薬化学者はこの質問に対して、自分たちが何処でどういう役割を果たしているか喜んで応えてくれるに違いない。しかし、その回答ができるのは、今でも仕事のある研究者だけであろう。即答できる研究者はかつて程多くはない。これまでにもよく話題になったのは、創薬において化学と生物のどちらが中心的役割を果たしているのか、という問いかけだ。創薬化学者は、「自分たちがいなければ、何も新しいものが生まれない」というし、生物研究者は「自分たちがいなければ、何も評価できない」と言う。このようなやり取りは未だ回答のない議論として続けられている。少なくとも過去25年の創薬化学者は努力不足ではなかった。計算化学で結合モードを予測しようと努めた(結果的に全く逆の結合様式だったかもしれないが)。ロボット技術を活かして高スループットで化合物のスクリーニングを展開した。朝から晩まで何百万もの化合物を検証した。この先に正答があるに違いないと期待した。しかし、ロボット技術が手元にあったとしても如何に有望な開発化合物を見つける事が困難な事か?四苦八苦の末に企業が行き着いた真に効果的な手法は、高給ケミストのクビキリだった。今となっては、欧米の高給化学者が通り一辺倒な化学変換に費やす時代は終わった。簡単な化学合成は安価な人件費の上海やバンガロールでやれば済む。一方で、生物製剤と低分子医薬の境界領域にはケミストの活躍の場があり、薬剤ータンパク共役系、アプタマー、オリゴヌクレオチド、修飾酵素といった分野で能力を活かす事が期待できる。このような分野においても新規な化合物はメディシナル・ケミストにしか生み出せないのである。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【避けては通れない事:メドケムの復活】

Lowe DB. Nowhere To Go But Up: The Return of Medicinal Chemistry. ACS Medicinal Chemistry Letters. 2012;3(1):3-4. Available at: http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ml200297a創薬化学は、新しいとはいえ不愉快な立場になりつつある。どうしてこうなったのか??...

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。