スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラッガビリティ判定アルゴリズム

Perola E, Herman L, Weiss J. Development of a Rule-Based Method for the Assessment of Protein Druggability. Journal of chemical information and modeling. 2012.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22448735

ターゲットの選定は創薬研究の重要なステップである。創薬ターゲットの可能性は、2つの要素に依存する。すなわち、生物学的関連性と化学的取扱易さである。ドラッガビリティは後者の定量化する為のコンセプトであり、ドラッグライクな化合物が結合しうる可能性を示している。ドラッガビリティを支配する法則を見出す為に、タンパクの低分子結合ポケット部分を見極めて切り出すアルゴリズムを構築した。このアルゴリズムを利用して、承認薬の60種類のターゲットと440種類の多様性あるターゲットを検証した。その結果、ドラッガブル・ポケットは5つのパラメーター(体積、深さ、表面積、電荷残基の占める割合、疎水性)を元に定義した。これらの法則によって、今後の新たなターゲットに対して化学的取扱い易さを見積もる事ができる。

スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ドラッガビリティ判定アルゴリズム】

Perola E, Herman L, Weiss J. Development of a Rule-Based Method for the Assessment of Protein Druggability. Journal of chemical information and modeling. 2012. Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22448735ターゲットの選定は創薬研究の重要な?...

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。