スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予測モデルの不確実性を理解する

Kramer C, Kalliokoski T, Gedeck P, Vulpetti A. The Experimental Uncertainty of Heterogeneous Public K(i) Data. Journal of medicinal chemistry. 2012.
Available at: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22643060


インシリコ・モデルが達成できる正確性の最大値は、元になる実験データセットの質に依存する。よって、実験が内在する不確実性が予測パフォーマンスを決定づける。インシリコ・モデルは、実験の不確実性よりもエラーが小さくなるようにトレーニングされる必要がある。ここではChEMBLのデータセットに付いて解析した。その結果、pKiは0.44の平均誤差、0.54の標準偏差、0.34の中点誤差を有する事が判明した。またピアソン相関係数R2は0.81であった。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。