スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同研究における発明権と所有権の対価と落とし穴

Armstrong M, Murphy GM. Inventorship and Ownership Considerations and Pitfalls with Collaborative Research. ACS Medicinal Chemistry Letters. 2012:120426082225002.
Available at: http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ml300084e



共同研究は生産性が高く大きな収益が得られる可能性があるが、発明権(インベンターシップ)と所有権(オーナーシップ)には多くの対価と落とし穴が存在する。共同研究を開始する前には、特許の権利を失わないように合意を得ておく必要がある。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

Janus

Author:Janus
趣味で読んだ創薬化学論文を綴った日記。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。